長年の腰痛が治って、カラダがどんどん動くように。 ユル~い体操で、楽しくお話ししながら健康に。

ヘルスケア
≪「ココ!スキ♡」インタビュー概要≫
インタビュー時期
2018年12月
ココ!スキ♡された人
リボーンバレエ 安田ゆかりさん
ココ!スキ♡した人
T・Yさん
利用サービス
リボーンバレエ
利用歴・頻度
2018年4月 蒲生教室オープンより月に4回
腰痛でお悩みだったT・Yさん。
これまでにも色々な治療法試されてきましたが、なかなか改善されませんでした。
近くに安田ゆかりさんの「リボーンバレエ」が開講されると知って、体験に行かれたのが始まりです。

長年、腰痛に悩まされてました。
色々なことを試したけど、なかなか良くならなかったんです。

―利用する前ははどんなことに悩んでましたか
仕事柄(*介護の仕事をされてます)、腰痛があるんです。
高校生ぐらいから腰はあんまりよくなくて。
今、こうやってしゃべってるじゃないですか、この姿勢がしんどくて。
もたれないと多分30分維持できなくなる。それを解消したいと思って始めました。

それまでは、接骨院行ったり、鍼(ハリ)行ったりとか治療系ですね。
体操はこの前はジムに通ってました。
ジムって通い放題やから、行かないともったいないと思って頑張り過ぎて、逆に行くのが苦痛になって。だんだん荷重をあげていくじゃないですか、ウェイトを。
そしたら何を求めてるのかわからなくなって(笑)
体重は減りましたけどね。やめたら急に筋肉やったのがボヨ~ってなって(笑)

すごくユル〜い体操なのに、すぐに変化があったんです。
「これはちょっと面白い!」って思いました。

―「リボーンバレエ」を始めたきっかけはなんですか。

(リボーンバレエの)講座で先生と出会って、その話に興味をもって
家の近くにオープンするのでっていうことで行きました。

“どんな感じかな”って思って。体験のときは、
”これで本当に効果があるの?“
っていう思ったぐらいユル〜い体操なんです。

体を伸ばしたりとか、そんなんばっかりなんですけど、
終わった後にすごい爽快感と、首がね、ここの鎖骨が広がったんですよ。
それが広がって首がちょっと長くなったんです(笑)

レッスン前とレッスン後、変わるんですよ。姿勢が良くなって。
それでちょっと視野が広がってカラダがラクになって
“これはちょっと面白い!”と思って、それが始まりです。

もし「リボーンバレエ」をやってなかったら
カラダ固いまま、節々は悪いまま、姿勢も悪いまま(笑)

―もし「リボーンバレエ」をやってなかったとしたら、どうしてますか
接骨院通ったりとかですかね、(通いだしてから)柔軟をするようになったんです。
色々先生が体操教えてくれて。カラダがね、前まで開脚しても足(の先)についてなかったんです、手が。
昔、バトンやってってカラダ柔らかかったんですけど大人になってやらないじゃないですか。

それがもうめっちゃ柔らかくなって!
やってなかったらカラダ固いまま、節々は悪いまま、姿勢も悪いまま(笑)

ギックリの手前になったときは接骨院とかも1万円使うぐらい
通ったりしてたんですけど、先生のところに通い始めてから1回も行かなくなりました。

すごいカンタンで、雰囲気もすごいふんわりとてるので、入りやすかったですね。
自分と向き合いながらゆっくり、しっかりカラダを伸ばしてあげるって、
やっぱり1人ではできないじゃないですか。

腰痛が1ヶ月ぐらいで治りました。
姿勢も良くなって、気分も明るく前向きになりました。

―いちばん良かったことや、感じた「変化」は何ですか

腰痛が1ヶ月ぐらいで治ったこと。仕事柄、腰を使うことも多いからすごい良かったです。姿勢改善、カラダの中からキレイにするってことで、見た目にはわからないけど、カラダが柔らかくなったり、食べ物(に気をつけるようになったこと)もそうだけど、代謝があがって肌も調子が良くなったんです。

胸が開いて姿勢が良くなって視野が広がった。気分も明るくなって前向きになりましたね。

柔軟性が戻って、やりたいことができるようになった。
次に進むきっかけになりました。

月に4回通ってるんですよ(2018年4月~取材当時で約7か月目)。
どんどんカラダが動くようになって、(開脚して)手の先で足がもてるようになったこと。
柔軟性が復活した。先生がバレエやってたんで「バレエ習いたい」ってことで
「大人バレエ」も始めてもらってすっごい楽しいです。

チア(ダンス)なんかも、やっぱりカラダの柔軟性がいるんで。
(*T・Yさんは最近チアダンスも始められました)
色んなきっかけを作ってくれました。
やりたいな、と思うことを見つけることができたので、次進もうかなって。
カラダ動かすのは、バレーボールとかバトンとかやってたんで、やっぱり好きなんです。

自宅でも、自分のカラダをメンテンナンスしてます。
すごいカンタンなので誰でもできます。

―普段はどんな風に活用してますか
先生に教えてもらってから、私、仕事始まる前に必ず出勤前に10分ぐらいと、
仕事終わった後も家に帰ってきたら、(カラダの)メンテナンスで
必ず15分ぐらいいつも家でもやってます。
教えてもらったことも。すごいカンタンです。誰でもできます。

おなかに腹圧をかける腹筋の使い方を教えてもらってカラダを締めるように、意識するようになりました。
着れなかった服にもチャレンジできるようになりました。

病気になりかけの人、なり始めた人にもおすすめしたいです。

すごくカンタンなので、健康のために自分のために、やってほしい。

―おすすめしたい人

介護の仕事やってるんで、私の周りでもいるんですけど、
“関節リウマチ”とか、“パーキンソン病”になりかけてる、
なり始めたところとか、病院に行くほどでもないけど「未病」の方。

カラダが拘縮(こうしゅく:般的には怪我や病気などにより長期間身体を動かしていない状態が続くことで関節が硬くなり、動きが悪くなる状態のこと)して、なんかこう気持ちが滅入ってる人。

でも先生の「リボーンバレエ」は病気の人でも、ゆっくりカラダを伸ばしてあげて、
自分で取り入れて病気を緩和してあげることができる体操なんじゃないかなぁって。

ご病気の方でもできるだけカラダをラクに使えるようになってほしいと思いますね。
健康のために、自分のために、やってほしいです。
それぐらいカンタンな体操だよってことを知って欲しいですね。

体操の説明のひとつひとつがわかりやすい。
色んな出会いがある和やかなコミュニケーションの場所。

―安田ゆかりさんの魅力はなんですか

バレエもやってはったんで、それを取り入れてオリジナルのヨガ「リボーンバレエ」で、
うまくカラダを使うやり方を教えてくれます。
ふわっとしたトークもいいし、体操のひとつひとつの
説明がわかりやすいんですよ。

指導力があるので、人に伝えられるってすごいなぁ、って尊敬しています。
みんなに和やかな体操の場所を提供してくれて、素晴らしい先生です。

先生が繋いでくれはった人たくさんの方ともご縁が繋がるので、
色んな出会いも頂いて、刺激をもらってる、コミュニケーションとれるし、
すごくいい場所やなって思います。

 

私のカラダを治して
夢を叶えてくれるティンカーベル

 

ココ!スキ♡された人

リボーンバレエ&ウェルネス協会 安田 由香里さん

 

店名または屋号 リボーンバレエ&ウェルネス協会
お名前 安田 由香里さん
業種 体操教室
教室情報 ●大阪市城東区がもよんスタジオ
(リボーンバレエ・大人バレエストレッチ 平日18;30~土日 パーソナル・グループレッスン予約制でリクエスト開催)
●心斎橋教室
(リボーンバレエ・大人バレエストレッチ 平日17:00まで
パーソナル・グループレッスン予約制でリクエスト開催)
●十三教室
(リボーンバレエ・毎週月10:30・大人バレエストレッチ月1回 13:30予約制でリクエスト開催)
●住道教室(おやこヨガ 月1~2回 金10:00予約制でリクエスト開催)→リボーンバレエ&ウェルネス協会HP
アメブロ
コンセプト ~おしりのキュッと力を入れて生まれ変わりたいあなたへ~
リボーンバレエは、安田由香里が考案した、バレリーナ気分で着替え不用な椅子ヨガ♡
華やかで楽しいミュージカル音楽に合わせて動いたり歌ったりしているうちに、美しい姿勢や引きしまったおなかが手に入ります。
また、リボーンバレエを行なっているうちに骨盤底筋が鍛えられるため、尿もれやポッコリお腹でお困りの方にも効果があります。

 

ココ!スキ♡した人

T・Yさん

 

お名前 T・Yさん
住んでるところ 大阪市城東区
年代 30代
プロフィール 主婦・会社員
ひとこと自己紹介 少し自分の時間が持てるようになったので、10年後の私を楽しみにリボーンバレエ頑張ります
趣味・興味のあること 今は、大人バレエもゆかり先生に取り入れて頂き、子供ころ、したかったバレエを皆さんと踊れるのが楽しいです☺

 

≪「ココ!スキ♡」インタビュー後記≫
腰痛の悩みが解消されただけではなく、
柔軟性も戻ってどんどんやりたいことにチャレンジされてるT・Yさん。
明るく前向きな気持ちがインタビュー中にも伝わりました。
カンタンで楽しいからこそ続けられるのが「リボーンバレエ」の魅力ですね。

井上 由美子

2,820 views

ファンのリアルな声をインタビュー形式で深掘りするwebメディア「ココ!スキ♡」オーナー、justweV代表。「魅せるデザイン」×「伝わるコトバ」で女性オーナ...

プロフィール

関連記事一覧